MR.Y、MR.H& SATSUKI のカラオケ談議①
 
数年前に同郷の大先輩、脳情報通信融合研究センター長で生物物理学者の柳田敏雄先生と
同級生で兵庫県立大学・工学博士の畑豊さんとともに、歌うこと、声を出すことで嚥下機能を強化することができるかどうか、、、
という話し合いを持った
なんのことはない、カラオケが上手くなりたいので、コツを教えて欲しい!と
 
柳田先生は兵庫県立柏原高校(兵庫県丹波市柏原町)の先輩で、毎年、今年のノーベル賞候補に!と
噂される偉大な博士。
どんなきっかけか(!?)私のコンサートにご来場いただき、そこで私に魅了されたそうで(私が
うぬぼれてるだけ?)、一緒にカラオケが歌いたい!とのこと。
 
もう一人、畑さんは(ゆたかちゃん)、実家は歩いて数分、保育園から高校まで同じ。
今でも、しゃべると昔のままの感じで、大先生相手に「ゆたかちゃん!」と言ってしまう。
 
さて、声を出すという運動は、1.5センチほどの二枚の靭帯が、息の通り道となって
振動し、口の中や鼻腔、頭の中の共鳴空間を響かせて声にする、という作業である。
 
これに言葉(歌詞)をつけるとなると、唇や舌を駆使し、かつ、横隔膜で呼吸をコントロールしながら
息を調節するという、とてつもなく複雑な作業を要する。
 
この単純に「歌う」という気持ち良いエネルギー発散をするために、複雑なコントロールを必要とする作業を
繰り返しているのだ。
 
話戻って数年前の某日、3人で都内ホテルのカラオケルーム(MR.Yの要望に応えるべく、初めて予約した)に入り、
おつまみを注文しながら早速歌う。
 
この日のために、Y氏は車での出勤時に猛特訓されたらしく、その甲斐あってか、声量も音程も
バッチリ!また、H氏の歌声もこの日初めて聴いたのだが、びっくり仰天の艶っぽさ。
普段のガラガラおっさん濁声(失礼)とのギャップがすごい。・・どこで特訓を重ねたのやら、、、。
 
2時間ほど楽しんだ私たちは、同ホテルのお寿司屋さんで締めくくりながら、
日本人の死因の第一位にあげられるほどの、誤嚥性肺炎を防ぐためにも、歌って声を鍛えて行こう!!
と、盛り上がった。
 
つづく・・・

2018年9月23日、初演130年記念のマドレーヌ寺院での公演に関わることができた

マドレーヌ寺院を本拠地としている、エリザベート・ブラッスール合唱団(Choeurs Elisabeth Brasseur)は、定期的にフォーレ「レクイエム」を演奏しており、今回の初演130年という周年記念で、CTC合唱団も参加させていただくこととなった

 

合唱は東京、名古屋、大阪のメンバー総勢37名と、ブラッスール合唱団70名、計107名  演奏はEnsmble orchestral Me’rag17名 ソリスト2名

今回の公演にあたっては、CTCの各拠点では指導者が一人ずつおり、名古屋の神田豊壽氏は演奏に加わるため(大阪の角地正範氏はお留守番)、東京の私は監修という立場で2回のリハーサルと当日のゲネプロ、そして本番に立ち会った

ブラッスール合唱団のメンバーたちは、リハーサルの時から親近感を持って迎えてくれ、公演で使用しているストールを、私たちの分も用意して手渡してくれた!お互い、今回の共演での公演成功を誓い合う!

ブラスール合唱団のストール

 

また、指揮者のアントワーヌ・セビロット氏(Mo. Antoine Sebilotte)も、2回の合同リハーサルからゲネプロ、本番まで、素晴らしく集中した音楽作りで、良い緊張感を生み出すと同時に、監修の立場である私の意見も十分に聞いてくれたことに、心から感動した!

 

指揮者:セビロット氏

ゲネプロ

マドレーヌ寺院では、ほぼ一日おきにコンサートが開催されており、地元客や観光客にも周知されているようだ

この日も、約1000席が満席となり、この場所の重要さ、意味深さを改めて知ることとなる

終演後、満場のお客様からの温かく素晴らしい拍手の中、コーラスマスターの一人として登壇し、幸せな時を持たせてもらった

カーテンコール

客席最前列から撮影

パリの街は、この後、ノートルダム大聖堂の火災に見舞われ、コロナ禍でのロックダウンもあり、この時お会いしたみなさんの無事を祈るばかり

今、しみじみとこの時の幸福感を味わいながら、感慨にふけっている

マドレーヌ寺院での再演を願いつつ・・・

全世界の音楽愛好家の幸せを願いつつ・・・

パッシー墓地:フォーレのお墓

アウローラinフィレンツェ

ずいぶん前のイベントを、この際、何件か投稿

2018年6月中旬、「アウローラinフィレンツェ:音楽と美術探訪の旅」を開催

演奏家仲間や合唱団の団員たち総勢29名のツアー

現地フィレンツェ在住の友人、中川まきさんを美術鑑賞コーディネーターとして、由緒あるサント・スピリト教会でのコンサートと美術館巡りというぜいたくな内容

イタリアのコンサート告知状況は、日本のそれと違って、おおよそ1週間ほど前から、近所のお店などでチラシを置いてもらうという、なんとも地味な宣伝方法

それでも、在住のまきさんのネットワークで告知してもらい、あとは当日の呼び込みにかけることに

ツアーご参加の男性陣に、教会の前で声を出していただき、コンサートには、広い教会内の椅子がほぼ8割がた埋まるくらいの盛況となった

まず、私の演奏でサン=サーンスやカッチーニのアヴェ・マリアを

高校後輩で今は主宰合唱団の指導もお願いしているソプラノ松田佳美さんとのデュエットも入れた

次に音大同級生、岡部祥子さんのヴァイオリンで、パガニーニ「カンタービレ」、ヴィターリ「シャコンヌ」など、思い入れのある選曲で情熱的な演奏

次に、大学の先輩でもあるソプラノ中村久美子さん

モーツァルト「アニュス・デイ」など温かく深いソプラノが堂内に響きわたり、ピアニスト田中明子さんの演奏も教会のクーポラに集う天使たちの笑顔を誘うような音

最後に、今回のために結成したアウローラ12名の演奏で矢代秋雄「野の花の姿」、若松歓「ありがとう」

お客様からは、たくさんの拍手をいただき、私たちも感無量の時間となった

教会の神父様からもお声かけをいただき、特別な経験を味わわせてもらったことに感謝しつつ、みんなで記念撮影

季節外れの猛暑がおさまった夕闇の街に繰り出して、みなでフィレンツェ料理を堪能し、地元ワインで盛り上がった

貴重な時間と空間を持てたことに感謝!

VIVA AURORA!!

口を大きく開けられるマスク

「彗星針金」を試す中で、マスクの両端を押さえられることは

実感できているものの、やはり口を大きく開けての歌唱の時に

マスクがずれやすくなる

それを解決するためのマスクを考案

「マスク1.5」

作り方はごくごく簡単

①2枚のマスク(プリーツ型)を用意

 ※写真は、見えている方が内側

②2枚目を約半分にカットし、カットした、上側の

 紐を切り離す

③1枚目のマスクの内側下端に両面テープを張り

 2枚目の上側をつける

④2枚目の紐を1枚目の紐の真ん中あたりに一重結びする

 ※結び目は、スライドして長さを調整できるくらいにする

⑤「彗星針金」の真ん中の丸穴に紐を通して装着

  口を大きく開けて歌っても大丈夫!

 

 

マスクの中の彗星

皆さま、長らくのご無沙汰でした。

世界中、大変な状況の中、それでもなんとか前を向いて、笑顔で進んでまいりましょう!

アスクを付けての歌唱は、たいへんなことです。

そこで、口とマスクの間に空間を作り、呼吸してもマスクが張り付かない器具を考案してみました。

誰でも簡単に作れます。

名付けて「彗星針金」!

・用意するのは、ビニール被膜針金・直径約1.6ミリ

(100円ショップ、キャン★ドゥで購入可能)

・長さ68センチに切り、端を丸ペンチでくるっと処理

・両端を彗星の軌跡のように形作る

 彗星の軌道長さは、約6センチ

・マスクの紐を真ん中の穴に入れ、プリーツの真ん中あたりに渡して耳にかける(写真は手前が内側)

・彗星の軌道の部分はマスクの端をふさぐようにして外側へ

(写真は手前が外側)

 

・ほっぺたに添わせるようにして自分仕様にする

いかがでしょうか?

全国の歌愛好家、そして世界の音楽の友が、一日も早くマスクなしで演奏できる日が来ることを、祈りながら

ゴールデンウェーブイン横浜2018

75A7C7F4-46B5-4985-9BB4-11DD84C5C83C
昨年に引き続き、ゴールデンウェーブイン横浜合唱祭で、講評させていただきました。3日間で115組のシニア合唱団の演奏は、皆さん素晴らしく、お元気で、活力みなぎるパフォーマンスでした。
中には、90代の方が20名弱いらっしゃり(ご長寿賞)、昨年同様、感銘を受けました。皆さま、おめでとうございます。
講評者は、作曲家、合唱指揮者、声楽家、の素晴らしい面々!!
その中に混じってお話を聞いているだけで楽しく過ごせた3日間でした。
3日目には、講評者として信長貴富さんがいらっしゃり、地元丹波市で主宰しているコーロ・ディ・マッジョで、編曲ものを取り上げたことを伝え、ツーッショット撮らせていただきました!載せて大丈夫、と言っていただき、早速ON!
来年も、皆さまとお目にかかれますように。

にっぽん丸でクルーズ2018.5.27.

にっぽん丸表紙にっぽん丸コンサートデータ

今年5月27日~28日、名古屋港発17時発~宮崎港着16時
にっぽん丸でのクルーズと、足立さつきリサイタルのご案内です。
優雅な気分で船の旅とコンサートはいかがですか?
まだ若干の空きがあるようです。
お問い合わせは、商船三井客船クルーズデスク
http://www.nipponmaru.jp
電話:0120-791-211 
携帯電話、PHSの場合:03-5114-5280

丹波市の歌・歌詞全国公募

丹波市の歌チラシ

この度、「丹波市の歌・制作委員会委員長」の任を受け、来年1月13日成人式での
お披露目に向けて、準備中です。
既に曲は出来上がり、現在、歌詞を全国公募中!!(6月29日まで)
6年前、千住明さんの「万葉集」公演で、合唱指導に関わり、
千住さんの温かくシンプルなハーモニーに感動し、今回の
依頼となりました。快諾していただいた千住さん。
とても素敵で、温かく、覚えやすい曲を生み出してくださいました。
全国の歌好きの方、合唱に関わる方々に歌っていただきたく、
歌詞は、固有名詞を使わずに
という但し書きで募集しています。
つまり、全国の方々に、それぞれの気持ちを重ね合わせて歌っていただけるような
曲に仕上げたいという想いです。
詳しくは丹波市ホームページで。
曲も聴けます。
http://www.city.tamba.lg.jp/

UTAU DAIKU in Wien2018

ウィーン第九2018③ウィーン第九2018①
今年で5回目となる、チャリティ第九インウィーン。
楽友協会ホール(黄金ホール)で、ウィーン少年合唱団と共に歌う第九への
参加は、今年も200名近い合唱となり、雪の舞い散る3月6日夜、上演されました。
今年は、南相馬ジュニアコーラスのメンバーも参加し、チャリティの意義がさらに
アップした公演となったように感じました。
今回も、クラブツーリズムの東京組(約50名)を指導させていただき、
ツアーに同行。本番前のウォーミングアップ&発声練習を、名古屋組の
指導者、神田豊壽さんと共に行い、演奏を見守りました。
ウィーン少年合唱団の総監督グスタフ・ヴィルト氏の熱い熱い指揮で、
氷点下の外気を想像させない、とってもホットな演奏!
アンコールの「花は咲く」では、1番を少年、南相馬の子どもたちが歌い、
澄みきったその音色に、思わず涙が頬を伝いました。

翌日は晴れて気温も上がり、ウィーン少年合唱団寄宿舎見学、
美術史美術館見学、ベートーヴェンにゆかりのある、アルザー教会、
ハイリゲンシュタット(遺書の家)などの観光に同行させていただき、
ウィーンを満喫。
なんとその時のガイドさんが、武蔵野音大・大学院の2級後輩であった
きみちゃん(Kimiko Hagiwara)で、30年ぶりの偶然の再会にびっくり!!
音楽家のことはもちろん、美術館での解説もすばらしく、
再会のみならず、きみちゃんの知識と話術に感動しつつ、観光できました。
夜は、クラブツーリズムの特別企画、第九のテノールソロを歌った、
ジョン・健・ヌッツォさんのディナーコンサートも満喫し、
濃い~い6日間滞在を終えたのです。

ウィーン、ウィーン、あなたは、私の夢の街♪♪♪
ウィーン第九2018②

イタリアツアー2018

798A97BF-7147-4837-A1D2-D12A344C7954

43B0624D-FF55-4869-9133-3A216C6C04D2

足立さつき&田中明子のイタリアツアー2018のお知らせです
今回は、ヴァイオリンの岡部祥子さんが加わり、フィレンツェの
サントスピリト教会でコンサートを行います。
そして、ご参加の内、ご希望の方に、一緒にコーラスで参加していただく
計画です。
まだ若干の空席ありです。一緒にイタリアの
気持ち良い季節を過ごしましょう!
2018.6.15〜21