英国歌紀行2018.2.25.

英国歌紀行チラシ英国歌紀行1

2月25日、まだ寒さの残る日曜日、JTアートホールにて、「英国歌紀行」の
コンサートに出演いたしました。
プロデュースは今年で第18回目を企画された大須賀百合枝さん。
毎年、行っているコンサートに昨年から出演させてもらっています。
毎回のピアノを担当している田中明子さん、カウンターテノールの山口浩史さん、
バリトンの田中俊太郎さんと、ソプラノの私。
前半はホルスト「惑星」~「ジュピター」のピアノソロから始まり、
アイルランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズの民謡。
そしてロジャー・クィルターの歌曲。
後半はヘンデルの「メサイア」からの数曲。
さらにグレイトブリテンの民謡で締めくくり。
満場のお客様の温かい拍手で、開場内は温かい春の空気になったよう。
前半着用したドレス(写真)は、実は20年ほど前、スターソプラノ島田祐子さんに
いただいたもの!!島田さま~~、ありがとうございます。
本日も、様々な方のお支えに感謝。
先月末のインフルエンザの影響で長らく練習できず、万全ではなかったけれど、
今日も、楽しく歌えたことに、感謝!!

「万葉集」公演2.18.

万葉集チラシ改訂 height=”225″ class=”alignnone size-medium wp-image-759″ />万葉集楽屋

2018.2.18.千住明氏作曲の「万葉集」が成功裡に終わりました。
6年前に、初めて東響コーラスの指揮者として関わった、思い入れのある作品です。
今回の合唱団は、八王子クリンゲンコーア。
昨年8月に始まった練習は、いろんな試みをしながら、
メンバーとのコミュニケーションも楽しく積み重ねられました。
本番では、大友直人氏の優雅な指揮に導かれながらの演奏で、練習の成果を
出せたように思います。ブラーヴィー!!
ソリストのメンバー(Sop.盛田麻央さん、Alt.金子美香さん、Ten.又吉秀樹さん、Bar.原田圭さん)
の演奏がたいへん素晴らしく、改めて、この作品の奥深さ、美しさを感じさせてくれる歌唱に、
感動の波に包まれながら、幸せな気持ちになりました。
大友氏の優しく優雅な指揮、東京交響楽団の美しいハーモニー、
なによりも、この作品を生み出された千住氏に
心より、賞賛の拍手と感謝の気持ちをお送りさせていただきます。
次回は、今回取り上げなかった「二上山挽歌編」を、
この八王子クリンゲンコーアのみなさんと練習できれば。。。

新しい年となりました。
2017年は結局、ほとんどアップできませんでしたが、30周年のリサイタルなど、
おかげさまで、たくさんの喜びを感じる年でした。
今年は1月27日に丹波で、コーロ・ディ・マッジョ、セカンドリサイタル。
11月23日、渋谷のさくらホールにて、コーロ・パルピタンテ、セカンド・コンサート。
その他にも、恒例となったウィーン楽友協会ホールでの「UTAU第九」指導と同行。
6月には、「AURORA in Nord Itaria」のイタリア・ツアー第2弾を行います。
昨年は、慌てて小さなケガもありました、、、。
今年の課題は
「落ち着いて行動」「しっかり考える」
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

30周年リサイタル in 丹波&東京

白寿アッコと白寿リサイタル1987年2月、オペラ「椿姫」のヴィオレッタ役でデビューして30年の今年、
故郷である丹波市(8/20)、そして東京の白寿ホール(9/30)にて、リサイタルを行いました。
ゲストにバリトンの井上敏典さん、オーボエの山本直人さんをお迎えし、
ピアノはお馴染み田中明子さんの大きな支えをいただいて、
無事終了いたしました。
今回のテーマは「祈り・謡」(いのり・うたい)。
音楽の根源でもある、誰か(何か)のために祈ることとして、
宗教曲から始め、後半は、思いが成就したときの喜びをオペレッタ、オペラの曲に乗せて
アンサンブルで演奏いたしました。
未だに試行錯誤の連続の日々ですが、この節目を新たな一歩として、
これからも、美しく楽しい音楽の世界を進んでまいりたいと思います。

酉年2017 明けまして・・第2弾

昨年は
3月ウィーンでの「第九」、8月ザルツブルクでの「モーツァルト・レクイエム」、
二つの合唱団の指導に関わることができ、現地同行もいたしました。
毎年元旦にウィーンフィルがニューイヤーコンサートを演奏する「楽友協会ホール」!
モーツァルトが洗礼を受けた「ザルツブルク大聖堂」!
空間の壮麗さと歴史の重さに圧倒されながら、感動の時間をいただきました。

今年もそれぞれ行います。
ウィーン「第九」は3月12日、ザルツブルク「レクイエム」は7月27日。
すでに「第九」は昨年10月から練習に入っており、「レクイエム」は4月1日から始まります!
「レクイエム」のほうは、まだまだこれから間に合いますよ。

歌唱指導、ヴォイストレーニングなどを通じて、合唱を愛する方々と共に、歌う喜びを常に味わえれば
幸いです。より美しく歌い、より深く音楽を感じられますよう、自分自身も精進してまいります。
%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b316-3-3
ウィーン・シュテファン寺院側のお馬さんと

%e3%82%b6%e3%83%ab%e3%83%84%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b016-8-6
ザルツブルク大聖堂内リハーサル

またまたご無沙汰したままの一年経過となりました・・・
昨年も、申のごとく走り回っての一年となってしまいました。
今年は、酉のごとく羽ばたきつつ、しかし落ち着いて過ごしていきたい
ものです。

今年はオペラデビュー30周年の年!!
8月20日(日)丹波の森公苑ホール
9月30日(土)東京・富ヶ谷 白寿ホール
両日14時開演
それぞれバリトン:井上敏典さん、ピアノ:田中明子さん他と共に
「祈り・謡」をテーマに演奏いたします。

さて、昨年のご報告。
6月4日、丹波の森公苑ホールにて
私が丹波で主宰する女声合唱団「コーロ・ディ・マッジョ」の
ファースト・リサイタルを行いました。
当時在籍23名の力を結集し、650席のホールに満場のお客様を
お迎えしてのリサイタルとなりました。
ゲストの、武蔵野音大同級生フルーティスト向田寧子さんに
華を添えていただき、全17曲暗譜での演奏です。
発足2年の私たちを、お客様の温かな応援の拍手と眼差しが後押しして下さり、
とても心地よいコンサートとなったように思います。
コンサート後、新団員も増え、現在在籍30名。
一年後の2018.1.27.のセカンド・リサイタルに向かって頑張っています!
%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%bb%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b8%e3%83%a7%ef%bc%91st-concert16-6-4

そしてもう一つ。
2015.10.10.東京の渋谷区で立ち上げた女声合唱団
Coro Palpitante(コーロ・パルピタンテ)の
ファースト・コンサートを、発足1年目の2016.10.29.
渋谷区初台のオペラシティー・リサイタル・ホールにて行いました。
%e3%83%91%e3%83%ab%e3%83%94%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%861st-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88
この模様は、また後日、、、
一年後のご報告にならないようにいたします。。。

新年おめでとうございます

2016年のごあいさつです。そして1年ぶりの投稿となります。この間の出来事はおいおいお伝えすることといたしますが、まずは、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
年末年始は、船上で過ごしました。作年の事を思い返しつつ、また、これからの楽しい計画に想いを馳せつつ、波に揺られておりました。
丹波の女声合唱団「コーロ・ディ・マッジョ」は、6/4丹波の森公苑ホール。東京の女声合唱団「コーロ・パルピタンテ」は10/29初台オペラシティ・リサイタルホールにて、ファーストコンサートを行います。ぜひご来場下さいませ。にっぽん丸2015~16

プレミアムコンサート

3月16日(水)丹波の森公苑ホールにて、

テノール畑儀文さんとのジョイントコンサートを終えました。
IMG_2186
撮影:土田仁史
平日午後のコンサートでしたが、多くの方に応援いただきました。

ご来場くださった方々に、心よりお礼申し上げます。

今回は丹波オリジナルオペラ、中西覚先生作曲「おさん茂兵衛」のハイライトがメイン。

そして新しい試みとして、昭和の懐かしい歌を取り上げました。
「ここに幸あり」「いつでも夢を」など、

美しい曲はジャンルを超えて心に伝わるのですね。

これからも、日本が生んだ名曲をお伝えしてまいります。プレミアムコンサート

 

ルクセンブルク伯爵 公演

20140422-145825.jpg

20140422-145849.jpg
撮影:飯田研紀
すでに3ヶ月前のことになってしまいました。
1/20.21渋谷伝承ホールにて、レハールのオペレッタ「ルクセンブルク伯爵」の公演に出演しました。
プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」に比較されるこの作品。

Read more of ルクセンブルク伯爵 公演

2013.11.ナポリ

2013.11.ナポリ

「パスポート携帯は慎重に」

先日の音ボケ日記に、海外旅行中の移動ではパスポートの携帯を、と

書いた。慎重な皆さまには釈迦に説法だけれど、慎重にしてし過ぎることは

ない。実は昨年秋のイタリア滞在中に、置き引き被害に遭ったのだ。。。

留学中の2年間には一度もそのような経験もなく、またその後の旅行での

滞在中でも外出時には慎重に行動していたため、全く危険を感じたことは

なかったのに、ああ!なんという情けなさ。。。

今回は、私の一瞬の甘さにつけこまれてしまったのだ。。。

フィレンツェ街中のCOIN(コイン)というデパート内。

化粧品売り場で備え付けの椅子に座り、背もたれにバッグ、その上にコートを

かけ(旅行通の方は、この時点で想像できるはず)、一瞬席を立ったその間に

取られてしまった。(おそらくその間10秒ほど(*_*)プロだ・・・)

すぐさまデパートのガードマン、総支配人に伝え、警察を

呼び、監視カメラの映像をチェック。犯人の女性2人組を特定できたが、

もちろん取られたものが戻ってくるはずもない。

バッグの中には、ユーロの現金少々、携帯電話、そしてパスポートを入れていたため、

翌日はパスポート申請のためにローマの大使館へ。

地元在住の日本人の方々に聞くと、最近はそのような被害が多く、中にはバッグごと

引きずられてケガをする場合もあるとか。今回はケガもなく、被害も少なくて

不幸中の幸いだと言ってもらった。

海外旅行中の移動では、「持ち物を身体から離さず」が鉄則。

これさえ守れば、過度に心配することもないと思う。

慎重になり過ぎて、変な歩き方になると、余計に目立つ。

自然に自然に、そして慎重に・・・。

写真は、気を取り直してナポリに出かけた時のスナップ。

ナポリのバス車内でも、スリを見かけたりしたが、想像していたより

安全だった。

皆さん、くれぐれもご注意を!

今回はホントのオトボケ報告になってしまった(>_<)