日記

酉年2017 明けまして・・第2弾

月曜日, 1月 2nd, 2017

昨年は
3月ウィーンでの「第九」、8月ザルツブルクでの「モーツァルト・レクイエム」、
二つの合唱団の指導に関わることができ、現地同行もいたしました。
毎年元旦にウィーンフィルがニューイヤーコンサートを演奏する「楽友協会ホール」!
モーツァルトが洗礼を受けた「ザルツブルク大聖堂」!
空間の壮麗さと歴史の重さに圧倒されながら、感動の時間をいただきました。

今年もそれぞれ行います。
ウィーン「第九」は3月12日、ザルツブルク「レクイエム」は7月27日。
すでに「第九」は昨年10月から練習に入っており、「レクイエム」は4月1日から始まります!
「レクイエム」のほうは、まだまだこれから間に合いますよ。

歌唱指導、ヴォイストレーニングなどを通じて、合唱を愛する方々と共に、歌う喜びを常に味わえれば
幸いです。より美しく歌い、より深く音楽を感じられますよう、自分自身も精進してまいります。
%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b316-3-3
ウィーン・シュテファン寺院側のお馬さんと

%e3%82%b6%e3%83%ab%e3%83%84%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b016-8-6
ザルツブルク大聖堂内リハーサル

酉年2017 明けましておめでとうございます

月曜日, 1月 2nd, 2017

またまたご無沙汰したままの一年経過となりました・・・
昨年も、申のごとく走り回っての一年となってしまいました。
今年は、酉のごとく羽ばたきつつ、しかし落ち着いて過ごしていきたい
ものです。

今年はオペラデビュー30周年の年!!
8月20日(日)丹波の森公苑ホール
9月30日(土)東京・富ヶ谷 白寿ホール
両日14時開演
それぞれバリトン:井上敏典さん、ピアノ:田中明子さん他と共に
「祈り・謡」をテーマに演奏いたします。

さて、昨年のご報告。
6月4日、丹波の森公苑ホールにて
私が丹波で主宰する女声合唱団「コーロ・ディ・マッジョ」の
ファースト・リサイタルを行いました。
当時在籍23名の力を結集し、650席のホールに満場のお客様を
お迎えしてのリサイタルとなりました。
ゲストの、武蔵野音大同級生フルーティスト向田寧子さんに
華を添えていただき、全17曲暗譜での演奏です。
発足2年の私たちを、お客様の温かな応援の拍手と眼差しが後押しして下さり、
とても心地よいコンサートとなったように思います。
コンサート後、新団員も増え、現在在籍30名。
一年後の2018.1.27.のセカンド・リサイタルに向かって頑張っています!
%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%bb%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b8%e3%83%a7%ef%bc%91st-concert16-6-4

そしてもう一つ。
2015.10.10.東京の渋谷区で立ち上げた女声合唱団
Coro Palpitante(コーロ・パルピタンテ)の
ファースト・コンサートを、発足1年目の2016.10.29.
渋谷区初台のオペラシティー・リサイタル・ホールにて行いました。
%e3%83%91%e3%83%ab%e3%83%94%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%861st-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88
この模様は、また後日、、、
一年後のご報告にならないようにいたします。。。

新年おめでとうございます

火曜日, 1月 5th, 2016

2016年のごあいさつです。そして1年ぶりの投稿となります。この間の出来事はおいおいお伝えすることといたしますが、まずは、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
年末年始は、船上で過ごしました。作年の事を思い返しつつ、また、これからの楽しい計画に想いを馳せつつ、波に揺られておりました。
丹波の女声合唱団「コーロ・ディ・マッジョ」は、6/4丹波の森公苑ホール。東京の女声合唱団「コーロ・パルピタンテ」は10/29初台オペラシティ・リサイタルホールにて、ファーストコンサートを行います。ぜひご来場下さいませ。にっぽん丸2015~16

プレミアムコンサート

水曜日, 5月 28th, 2014

3月16日(水)丹波の森公苑ホールにて、

テノール畑儀文さんとのジョイントコンサートを終えました。
IMG_2186
撮影:土田仁史
平日午後のコンサートでしたが、多くの方に応援いただきました。

ご来場くださった方々に、心よりお礼申し上げます。

今回は丹波オリジナルオペラ、中西覚先生作曲「おさん茂兵衛」のハイライトがメイン。

そして新しい試みとして、昭和の懐かしい歌を取り上げました。
「ここに幸あり」「いつでも夢を」など、

美しい曲はジャンルを超えて心に伝わるのですね。

これからも、日本が生んだ名曲をお伝えしてまいります。プレミアムコンサート

 

ルクセンブルク伯爵 公演

火曜日, 4月 22nd, 2014

20140422-145825.jpg

20140422-145849.jpg
撮影:飯田研紀
すでに3ヶ月前のことになってしまいました。
1/20.21渋谷伝承ホールにて、レハールのオペレッタ「ルクセンブルク伯爵」の公演に出演しました。
プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」に比較されるこの作品。

Read more of ルクセンブルク伯爵 公演

さつきのオトボケ(音ぼけ(-。-;)日記③

水曜日, 1月 8th, 2014

2013.11.ナポリ

2013.11.ナポリ

「パスポート携帯は慎重に」

先日の音ボケ日記に、海外旅行中の移動ではパスポートの携帯を、と

書いた。慎重な皆さまには釈迦に説法だけれど、慎重にしてし過ぎることは

ない。実は昨年秋のイタリア滞在中に、置き引き被害に遭ったのだ。。。

留学中の2年間には一度もそのような経験もなく、またその後の旅行での

滞在中でも外出時には慎重に行動していたため、全く危険を感じたことは

なかったのに、ああ!なんという情けなさ。。。

今回は、私の一瞬の甘さにつけこまれてしまったのだ。。。

フィレンツェ街中のCOIN(コイン)というデパート内。

化粧品売り場で備え付けの椅子に座り、背もたれにバッグ、その上にコートを

かけ(旅行通の方は、この時点で想像できるはず)、一瞬席を立ったその間に

取られてしまった。(おそらくその間10秒ほど(*_*)プロだ・・・)

すぐさまデパートのガードマン、総支配人に伝え、警察を

呼び、監視カメラの映像をチェック。犯人の女性2人組を特定できたが、

もちろん取られたものが戻ってくるはずもない。

バッグの中には、ユーロの現金少々、携帯電話、そしてパスポートを入れていたため、

翌日はパスポート申請のためにローマの大使館へ。

地元在住の日本人の方々に聞くと、最近はそのような被害が多く、中にはバッグごと

引きずられてケガをする場合もあるとか。今回はケガもなく、被害も少なくて

不幸中の幸いだと言ってもらった。

海外旅行中の移動では、「持ち物を身体から離さず」が鉄則。

これさえ守れば、過度に心配することもないと思う。

慎重になり過ぎて、変な歩き方になると、余計に目立つ。

自然に自然に、そして慎重に・・・。

写真は、気を取り直してナポリに出かけた時のスナップ。

ナポリのバス車内でも、スリを見かけたりしたが、想像していたより

安全だった。

皆さん、くれぐれもご注意を!

今回はホントのオトボケ報告になってしまった(>_<)

 

 

さつきのオトボケ(音ぼけ(-_^))日記②

金曜日, 12月 13th, 2013

2003.7.コモ湖

2003年7月コモ湖の宮殿にて

「国境越えて」

イタリア留学中は、北部のミラノに住んでいた。ご存じのように、イタリアは南北に長く、ブーツのような形の国。
ミラノから鉄道を使えば、南へ5時間でローマ、東へ3時間でヴェネチア、西へ3時間でトリノ、
北へ2時間でスイス国境に行ける。(時間は当時のもの)
ある日友人と不意に、コモ湖に行こうということになり、ミラノ中央駅から列車に乗り込んだ。
ミラノからコモ湖へは約1時半の距離。
秋口だったので暑くも寒くもなく、湖を散策するには絶好の陽気。
コモ湖は、イタリアを始め、世界のセレブたちの別荘が建ち並ぶことでも有名だ。
湖面にきらめく陽の光を、目を細めつつ感じ、何をするともなく時間を費やし、
さあ、そろそろミラノに戻るか、と、駅に向かう。
やってきた列車に乗り込み、ホンワリした気分を反芻しながら車窓を
眺めていた。
あれ!?…なんだか山が迫ってくる感じ…。
も、もしかして、間違えて反対に乗った!?
コモ湖の次の停車駅は国境を越えたスイスの駅。
キャー、引き換えさないと!!
その時、友人の様子がおかしいことに気が付いた。
どうしたの!?
パスポートを家に置いてきた…。
エーーーーっ!!ということは、パスポート不携帯で越境!?
これはマズイ。
いくら気の優しいイタリアの車掌さんとはいえ、
やはりそこは任務だろうから、厳しく問い詰められるだろうし、
果たしてミラノに無事帰ることができるのか心配になってきた。
私たちのいるコンパートメントに車掌さんが来た。
まだ拙いイタリア語を使い、力いっぱいの笑顔を作って応対。
私:あの〜実は友人が、いつもは持っているパスポートを今日に限って
置いてきてしまって…。しかも、私たちコモからミラノに帰ろうとして、
反対列車に乗ってしまったの…。
車掌:それは困るねぇ。次の駅で降りてもらって、そこの鉄道警察で
話を聞くよ。
私:(鉄道警察!?なんかいやな感じ…)そうですか。
ただ、反対列車に乗ってしまっただけなので、どうかお優しく、ね。
車掌:とにかく次の駅で降りて下さい。
私たち:~_~;

果てさて、駅に着いた私たち、車掌さんに誘われて駅の
鉄道警察へ。
そこでいくつかの質問を受けることに。
ミラノ滞在の目的は?
コモ湖へは何しに来た?
どうしてパスポート不携帯?
私は無事にミラノに戻りたい一心で、笑顔を絶やさず、
頭の中にあるイタリア語の単語を必死にかき集めて話した。
そのうち同僚たちが集まり始め、もの珍しげに私たちを観察していたが、
段々と場の雰囲気が和んでくる気配。
心配したほどのことは無さそう…
…ああ、無事にミラノに戻れるわ!
帰りの列車には車掌さんの同僚たちが乗り込み、
ミラノへの帰途に着いたのであった。
皆さん、海外滞在時には、パスポートの携帯をお忘れなく。。。

 

さつきのオトボケ(音ボケ(-_^))日記①

水曜日, 7月 17th, 2013

「オナカガスイタ」

イタリアのミラノに留学中、イタリア語習得と若いイタリア人の友人を作るべく、ドゥオーモ広場近くにある、ドイツ語学校に入学した。初級クラスのメンバーは案の定、大学生が約20名ほど。先生は40代(?)のハイジ女史。
週1回のクラスに日本人は私一人だったため、おのずとクラスメイトの興味は私に向いていた。

ミラノ・ドゥオーモ広場にて(留学時代)

20130716-230519.jpg
Read more of さつきのオトボケ(音ボケ(-_^))日記①

山手ゲーテ座にて

月曜日, 6月 24th, 2013

20130624-193637.jpg
6/22横浜山手ゲーテ座にて、カーザ・ディ・マッジョ第一回目の講座を開催しました。
前半は、弾き歌いで7曲、後半は来場のお客様に歌のレクチャーをさせていただきました。
今回のテーマ曲は「花は咲く」。テレビでひっきりなしに流れているので、歌唱に興味がない人でも、なんとなく知っているメロディー。

自らが持っている声をいかに上手く使いながら、相手にていねいに伝えるか。

Read more of 山手ゲーテ座にて

クラシック散歩Vol.2

土曜日, 6月 8th, 2013

今回は、私のマークを作ってくれているイラストレーターのお二人のご紹介。
私のピンクのキャラクターマーク、このホームページではもちろんのこと、FB、名刺や便せん、封筒、プレゼントカードにいたるまで、いわば私の第二の顔となっている。
デザインしてくれた磯田和一さんとの出会いは、

Read more of クラシック散歩Vol.2