UTAU DAIKU in Wien2018

Share on Facebook

ウィーン第九2018③ウィーン第九2018①
今年で5回目となる、チャリティ第九インウィーン。
楽友協会ホール(黄金ホール)で、ウィーン少年合唱団と共に歌う第九への
参加は、今年も200名近い合唱となり、雪の舞い散る3月6日夜、上演されました。
今年は、南相馬ジュニアコーラスのメンバーも参加し、チャリティの意義がさらに
アップした公演となったように感じました。
今回も、クラブツーリズムの東京組(約50名)を指導させていただき、
ツアーに同行。本番前のウォーミングアップ&発声練習を、名古屋組の
指導者、神田豊壽さんと共に行い、演奏を見守りました。
ウィーン少年合唱団の総監督グスタフ・ヴィルト氏の熱い熱い指揮で、
氷点下の外気を想像させない、とってもホットな演奏!
アンコールの「花は咲く」では、1番を少年、南相馬の子どもたちが歌い、
澄みきったその音色に、思わず涙が頬を伝いました。

翌日は晴れて気温も上がり、ウィーン少年合唱団寄宿舎見学、
美術史美術館見学、ベートーヴェンにゆかりのある、アルザー教会、
ハイリゲンシュタット(遺書の家)などの観光に同行させていただき、
ウィーンを満喫。
なんとその時のガイドさんが、武蔵野音大・大学院の2級後輩であった
きみちゃん(Kimiko Hagiwara)で、30年ぶりの偶然の再会にびっくり!!
音楽家のことはもちろん、美術館での解説もすばらしく、
再会のみならず、きみちゃんの知識と話術に感動しつつ、観光できました。
夜は、クラブツーリズムの特別企画、第九のテノールソロを歌った、
ジョン・健・ヌッツォさんのディナーコンサートも満喫し、
濃い~い6日間滞在を終えたのです。

ウィーン、ウィーン、あなたは、私の夢の街♪♪♪
ウィーン第九2018②

Leave a Reply